県内外から集まった、湯崎知事への熱い希望のメッセージ

インターネットを通して署名してくださった県内外の方々から湯崎知事あてのメッセージもお預かりし、要望書・署名とあわせて県の担当の方にお渡ししました。

「要望書と署名、ご意見は間違いなく知事に渡します」と約束してくださいました。

 

私たちの想いが知事の心に響き、具体的な決断と行動につながりますように!

みなさんの声をここに掲載させていただきます。 

 

 

湯崎知事へ… 県内外から寄せられた希望のメッセージ

  ※原文のまま掲載しています

 ● 利益はすべての人の安全あってのものだと思います。自分の身の回りではできていることが、なぜ政治という大きな舵取りになるとできなくなるのでしょうか?

(広島市安佐南区、Kさん)

 ● 放射能の恐ろしさを知っている広島県民の声を代弁して是非先頭に立って、全国に原発停止を呼びかけてください。

(広島市安佐北区、Sさん)

 ● 原子力ではない自然エネルギーを使った発電へ、シフトしていくことがこれからの世界基準になっていくと思います!!!ぜひその旗出を広島からお願いします!!!!湯崎知事もお子さんをお持ちの一お父さんとして、ぜひとも安心な日本を作る先導をお願いします!!!!

(広島市南区、Yさん)

 ● 誰もが安心して生活できる日本にできるよう広島からお願いします。

(広島市南区、Iさん)

 ● 原子力発電に頼らなくても、風力、太陽光などの自然エネルギーで賄うことはできます!福島原発のようなことが他の原発でも起きたら、日本は人が暮らすことができない土地になってしまいます。どこで地震が起こるかわからない日本に、こんなにたくさんの原発があるのでは、安心して暮らすことはできません。全ての原発が止まるよう、強く働きかけてください!よろしくお願いします。

(広島市安佐南区、Oさん)

 ● 原発が危険なものということが今、改めて知られてきていますね。もちろん電力全体の節電も必要ですが一人一人のチカラはこの署名のよう必ずに大きなチカラになると信じてます。優しい発電に転換をお願いします。これ以上日本を地球を汚さないで!

(広島市安佐南区、Kさん)

 ● 皆が安心して暮らせる環境創りをねがっています。

(広島市佐伯区、Tさん)

 ● 2000万世帯の家庭が一度暖房の設定温度を下げるだけで福島原発一号機分くらいの節電になるというような話が今日のテレビでやっていました。これが本当なら・・・今の気持ちで日本人が少しづつの忍耐を積み重ねれば原発はいらないのではないでしょうか。こどもたちに安全な未来を!

(広島市安佐南区、Mさん)

 ● 県民、国民に安全と安心を届けてください。

(広島市東区、Oさん)

 ● 被爆都市、平和都市広島として今こそ世界に原子力撤廃を叫ぶときだと思います!日本に54基もある原発、いつわが身にその災害が襲ってくるか分かりませんし現に放射能の被害にあわれている方の犠牲の上にまで便利な生活をしたいとはまったく思いません。便利な生活よりまずは安心して暮らせる社会作り、国作りが第一です。どうかどうか一刻も早くこどもたちの未来の為にもお願いいたします。

(広島市中区、Yさん)

 ● 福島原発の事故を見ればわかるように、一度事故が起これば恐ろしい事態になることが、誰にもよくわかりました。同じ過ちを繰り返さないために、原発を停止、これ以上作らないように指導していただきたい。自然エネルギーのさらなる開発に努力していただきたい。

(三原市、Sさん)

 ● この度の原発事故に関して、広島だから出来る事は多いと思います。積極的に避難されている方達を救済して頂きたいと思います。

(廿日市市、Yさん)

 ● 日本列島が3つのプレートの上に在り、火山帯に沿って形成されていることは小中学校で教えられたことです。その様な国に原子力発電所は最も危険な施設だとどれほど反対して来たことでしょう。とうとうその現実が多大な犠牲とともに全世界に知らされたこの今、日本国民全員が経済のあり方をも含めて「いかに生きるか」を考え、今までの「経済成長がなければしあわせにはなれない」という思いを変えなければならない時が来たと思います。

(埼玉県所沢市、Iさん)

 ● 我が家は今 一歳半の子供と秋に産まれる予定の子供がいます。今までも原発は自然を壊して嫌だなぁと思ってましたが 今回の東北地方の地震で嫌だなぁ~から恐怖になりました…。自然を壊すだけでなく命を縮め病気にしてしまうなんて…このまま原子力を頼る日本では不安ばかりがつのりばかりです…。これからまだまだ未来のある子供達が安心して暮らせる日本・地球であることを願う為に出来るだけ環境・命に優しい電力ができることを願います。

(広島市西区、Oさん)

 ● 原子力に頼らない、自然エネルギーに転換する政策を推進してほしいです☆誰かの命を危険にさらなければならないエネルギーに依存したくないです☆ みんなが幸せになれるエネルギー政策もあると思うのです☆ ただ、それに目を向けるか向けないかだと思うのです☆

(広島市安佐南区、Mさん)

 ● 被爆地広島、平和都市広島、世界の広島から地球の生き物・人類と共存できない原子力開発をただちに中止し、すべての原子力発電所を廃炉にすべく訴えてください。

(島根県鹿足郡、Hさん)

 ● 子供達が、私達が、安全に住む事が出来る広島にして下さい!!

(広島市佐伯区、Kさん)

 ● 2児の母です。このたびの東日本大震災・津波被害さらには福島原発のニュースを見る度に心が痛みます。同時に私に出来ることは何か考えずにはいられません。子どもたちの明るい未来の為に、どうか子どもたちに優しい世界に・・。被爆地広島だからこそ原子力発電に頼らない生活を!!!

(広島市佐伯区、Kさん)

 ● 原発には反対です。今回の東北地震で益々そう思いました。原発ではなく、安全なエネルギー源はあります。原発は止めて下さい。こども達の未来を奪わないで下さい。

(兵庫県川西市、Sさん)

 ● 私達家族は福島出身です。今回の原発事故を受けて、ふるさとが壊されていく恐怖と子供達の未来への不安を味わっています。日本の中でも平和都市先進国広島に、平和なエネルギー転換の見本となってほしいです。

(東京都小平市、Kさん)

 ● 事故があってもなくても、被爆労働者を生み出し続ける原発。微量であっても、常に海を汚染し続ける原発。もう、原発は卒業しましょう。子どもたちのいのちに優しい自然エネルギーに転換しましょう。被爆国日本、被爆地広島から、新しい平和な未来を創っていきましょう。

(京都府京田辺市、Tさん)

 ● 湯崎知事は育児休暇をとられたりするなど子育てに熱心で、広島県民として誇らしく感じています。きっと、母親の心が誰よりも理解できる知事だと信じています。わたしたちは原発のそばでは、安心して子育てはできません。原発に頼らない、他のエネルギーへの転換を打ち出すこと、それが一番放射能の恐ろしさを知っている広島にできることではないでしょうか。また、するべきことではないでしょうか。是非、広島の首長として、全国に勇気ある提案をして欲しいと願っています。

(広島市中区、Nさん)

 ● 今、エネルギーの仕組みを再構築しなければ、そのつけを子どもたちに孫たちに残すことになります。被爆県として日本を世界をリードするような決断を心より期待します。

(埼玉県入間市、Aさん)

 ● 前の知事は住みよい広島がスローガンでしたが、空念仏でした。湯崎さんには期待しています。本当に住みよい広島県にしてください。本当に期待しています。先ずは、上関原発廃止が出発点です。電気がほしい、電気がほしいはMORE MORE教の教義です。

(廿日市市、Sさん)

 ● 是非みんなが安心して暮らせる世界を広島から

(廿日市市、Yさん)

 ● 自分さえよければいいなんて、それでは私は幸せじゃない。10年後50年後100年後の生活がどうなってるといいかよくよく考えてほしい。今始めなければ、いつまでたっても変わらない。今始めても世界は変わると信じています。

(広島市中区、Iさん)

 ● 安心して子育てが出来る社会の要素のひとつに脱・原発は挙げられると思います。これから人口減少へ向かうこの国に、子々孫々まで責任を負わされる原発はもう必要ないのでは。

(福山市、Nさん)

 ● これから、もっと広島が被爆した事を日本中、世界中に発信していく事を切望しています。

(広島市東区、Mさん)

 ● 被災地広島から、率先して自然エネルギーへの転換を呼びかけていただきたいです。様々な知恵や技術を集結すれば、原発のエネルギーがなくても、十分にやっていける試算をたくさんの方がされています。私たち母親は、子どもたちの未来に、原子力エネルギーの負の遺産を残したくありません。どうか、よろしくお願いします。

(広島市安佐南区、Yさん)

 ● 原爆投下のあった広島、被爆された方の受け入れ、治療を早急にお願いします。被爆してしまった子供達への援助、受け入れをお願いします。広島の経験が役に立つと思います。広島の知識と知恵を早急に現地の方に役立ててください。

(広島市南区、Nさん)

 ● 広島うまれの広島育ち。ちいさい子どもを連れての帰省を毎年楽しみにしています。広島を、日本を、この地球と共に末永くこどもたち、そのまたこどもたち あるいていけますよう強く願っています。

(小樽市、Yさん)

 ● 被爆した街が、どうか「核」の恐ろしさを伝えて、原発をやめさせてください。広島の役割をどうぞ、世界に!

(呉市、Uさん)

 ● この度の大震災は心痛むばかりですが、離れた広島の地からも出来る限り支援をしていきたいものですね。今回は原発のこともあり被災地では地震・津波の被害以外に目に見えない放射能が大きな問題になって住民の皆様も大きな不安と風評に苦しんでいますし、それは日本どこでも同じ問題です。私たちが住んでいる地域でも上ノ関の原発への理解と協力を中国電力は述べていますが、島根・四国の原発も含めると四方から囲まれた中国地方もどれほど危険かということは今回の事故でも歴然としています。

 原発で大量の電力をまかなうのではなく私たちが節電等の意識を高めて安全に生活できる環境を今こそ声をあげて作り上げるべきだと思っています。

 東日本の大震災で被災された多くの方々や亡くなられた大勢の命に心よりお見舞いとお悔やみの気持ちで過ごしています。大変悲しい震災ではありますが、和を尊ぶ日本人の気質と助け合う気持ちが全国に溢れていることは素晴らしいことだと思っています。

 これからもその気持ちを忘れず被災者の皆様と共に乗り越えいい国になるようにみんなで頑張りたいですね。広島からはやはり原子力発電の危険性を被爆地からのメッセージとして世界に発していく責任があると思います。これからの世界を担う子供たちの未来を今私たちが責任を持って引き継いでいくを行動にしていく時だと思います。

 素晴らしい心を持った日本の国民であることの誇りとその日本から世界へ伝える責任を私たちで協力し発信していきましょう。湯崎知事から広島の想いを全国に伝えて下さい。よろしくお願い致します。 心を込めて。

(呉市、Kさん)

 ● ことが起こってからでは遅いのです。現代の支配者になるのか、未来の英雄になるのか、決断してください。わたしたちは曇りなき瞳で見ています。

(広島市安佐南区、Sさん)

 ● 原子力はいまだ人間の力で制御できない資源だと思います。廃棄物さえ処理ができない代物を扱うのはやめて頂きたい。人間がのちの世まで無事に生きていける世界を私たちは子孫に残してやりたいものです。

(広島市安芸区、Hさん)

 ● チェルノブイリ原発の事故で失われた村々の様になるのは、広島県民にとっても、日本国民にとっても、あってはならない、と知事もお考えのことと思います。上関原発の建設も、島根原発や伊方原発の存在も他人事ではありません。広島にあるもので、例えば木質バイオマスをより活用するなど、子供も大人も笑顔で電気についての会話ができる社会を望みます。

(山県郡北広島町、Mさん)

 ● 知事の決断で、未来がかわります!!色々な重さに負けないで!明るい未来を私たちにください。

(福岡県福岡市、Uさん)

 ● 被爆地だからこそ発信すべきメッセージだとおもいます。よろしくお願いします。

(安芸郡府中町、Hさん)

 ● かつて、中国電力は、子どもをつかって「原発はクリーンで、安全」と宣伝を行っていました。わたしは、初めてこのCMを聞いたとき、何んとむごいことをするもんだとおもいましたーーーーー。被爆地・広島で、こんなCMをながしている中国電力に、平和意識の欠如をみました。少なくとも、せめて広島・長崎では、このようなことはないだろうと思っていた私は、早速、中国電力に抗議にゆきましたーーーーーー。知事におかれましては、平和都市・広島に、まずもって核の脅威をしっかりとねずかせていってほしく思います。知事の出身校である、五日市南小学校のめの近所に、住んでいるものよりーーーーーー。

(広島市佐伯区、Tさん)

 ● ぜひ原爆を体験された県の長として、今こそ放射能という恐怖から県民・国民を救ってください。こどもたちのいのちのために安全で安心な暮らしを。そのために原発の停止・廃炉を願っています。

(三重県鈴鹿市、Iさん)

 ● なくていいんじゃない?原発。

(三次市、Nさん)

 ● この国の、子どもたちを守ってください。どうか、よろしくお願いします。はじめよう 地熱発電 というサイトをご覧になってください。子どものメッセージをお聞きください。子どもたちは未来の希望です。よろしくお願いします。

(愛媛県上浮穴群、Wさん)

 ● まもなく原子力エネルギーの時代はおわります。今、別のエネルギー選択(太陽光発電も吟味しないと使っている素材によってはそれを作っている土地の子どもが強い毒性のものによって脳障害をおこしたり、奇形児が産まれたりしています)に変える事が重要です。世界に誇れるヒロシマになりませんか?

 (長野県松本市、Tさん)

 ● 自然エネルギーへの転換をお願いします!

(城陽市、Iさん)

 ● 本気になれば、自然エネルギーへの転換は絶対に可能です

   http://www.greenpeace.org/japan/

(城陽市、Iさん)

 ● 命を育む食料が安心して入手でき、日々安心して暮らせるように、原子力発電に頼らずに、再生可能な自然エネルギーでの電力の確保を知事の立場でぜひお願いしたい。中国電力に対して、関西区域連合の知事さん方にならって山口県上関原発建設について問い質すとともに、その中止を自ら要請してください。

(東広島市、Nさん)

 ● 日本は広島・長崎についで福島と3度目の被ばくを受けた国となってしまいました。しかしこの3度目は私たちが選択してしまったものだと思います。もうこれ以上被ばくの不安はいりませんし、子供たちにその不安を受け継ぎたくはありません。どうか広島から変えてください。広島を安全と呼べるモデル地区へ!!願いを込めて。

(館山市、Yさん)

 ● たくさんの命と地球の未来を天秤にかけるような、危険なエネルギーはもういりません。被爆地・広島から、脱原発が始まれば、それは日本のみならず海外にとっても強烈なメッセージとなりえるはずです。どうぞお願いします。

(福岡市、Hさん)

 ● どうか、どうか、県民の命とふるさとをお守りください。どうか、どうか、日本の民を国土を自然を国をお守りください。

(京都府京田辺市、Tさん)

 ● 被爆地だからこそ発信すべきメッセージだとおもいます。よろしくお願いします。

(安芸郡府中町、Hさん)

 ● 発電の方法は原子力以外にも沢山あります。より安全な方法へのシフトを、早急に実現して頂けるよう宜しくお願いいたします。子供たちのために!

(茨城県水戸市、Mさん)

 ● いつも県政にご尽力いただきありがとうございます。今回の事故は私達大人ひとりひとりの過信と無責任によって引き起こしてしまいました。これ以上の負担をこども達に背負わせる訳にはいきません。ぜひ自然エネルギーによる発電、また、非電化技術を積極的に取り入れ、全国の原発の運転を止めるよう、国に働きかけて下さい。

(呉市、Hさん)

 ● 広島が原発に頼らない代替エネルギーを推進していくことに意味があると思います。誰かややらないといけないこと、それをぜひ湯崎知事に実現してほしいです。子どもたちの未来の為に。

(広島市西区、Tさん)

 ● 原発がなくなって、日本の電力が3割減になったとしても、そうなっただけの生活をしていく気持ちがわたしの周りにはたくさんあります。停電になったことでみつけた家族の協力性や、日本の強さが世界からも評価されています。そのくらい、原発に頼りきった今の生活を続けるよりは、未来の地球、未来の日本が対切です。

(静岡市、Tさん)

 ● 便利さよりも安心を求めます。エネルギー政策、なんとか方向転換して頂きたいです。

(横浜市、Kさん)

 ● 人類では制御不能な原子力。勇気を持って一刻も早く撤退すべきです。

(沖縄県南城市、Tさん)

 ● こどもたちの未来のためにも原発はすべて廃止してください。

(沖縄県南城市、Tさん)

 ● 僕たちこどもに核のゴミをおしつけないでください。

(沖縄県南城市、Tさん)

 ● 今こそ危険な原発から卒業するときです。

(沖縄県南城市、Tさん)

 ● 地球規模の地殻変動がはじまるといわれている時代、近い将来、「想定外」の大地震が世界各地で起こってくるのではないでしょうか。広島・日本だけでなく、世界中において原発は人類存続さえおびやかしかねない地雷だと感じます。福島の経験はそのシグナルであり、無視することはもはやできません。まず日本から変わっていくことで、世界をリードしていく必要があると思います。その率先者として広島に大きな期待を寄せます。

(東京都新宿区、Sさん)

 ● 私達は今までどれだけやりたい放題の生活をしてきたことでしょう。今回のことを教訓として”足るを知る”を日本人みんなが受け入れる時だと思います。

(北海道札幌市、Sさん)

 ● もう原子力は必要なし!みんなが自由に電力会社を選べることから、平和な未来創りが 始まると思います。東京都立川市では、東電以外の電力会社から電気を買いはじめました。今すぐに出来ること、ぜひ広げていきましょう!

(東京都町田市、Sさん)

 ● 将来世代に責任のもてる、持続可能な社会を望んでいます。被爆の歴史を知る広島県民の声を代表して、新たなヒバクシャを生み出さないために「脱原子力」を選択したいです。湯崎知事の発信力に期待しています。

(呉市、Tさん)

 ● 日本中の原発がなくなり、すべての人が生き方を考え直すことを望んでいます。

(福井県福井市、Wさん)

 ● 湯崎知事さんの姿勢に感謝しています。他の知事さんたちにも見習ってほしいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

(静岡県静岡市、Sさん)

 ● 「広島県は原発に頼りません」なんて、これからの時代、最高の地域振興&PRなんですけどね。

(東京都板橋区、Aさん)

 ● 絶対安全は無いと思います。原発は絶対に反対です。

(北海道登別市、Mさん)

 ● 真の政治をお願いします。期待します。

(東京都三鷹市、Tさん)

 ● ノー原発。イエス太陽光、風力、地熱、波力!

(埼玉県深谷市、Yさん)

 ● 世界で最初の被爆地として、また、子供たちの未来のために脱原発を政策にして下さい。

(東京都世田谷区、Nさん)

 ● 私の住む所は、島根原発から約30kmの位置です。

(鳥取県米子市、Aさん)

 ● 福島のような原発事故が起こる可能性が100%ゼロでない限り、原発は恐怖です。希望の持てる未来でなければ、全てが虚しすぎます。長い目で見た政策をお願い致します。

(広島市南区、Mさん)

 ● 広島からノー原発!

(埼玉県深谷市、Yさん)

 ● 原発は、人間・動物・植物など生命あるもの全てを脅かすものです。今の福島原発問題は被曝するかもしれないと分かっていても中で作業をしてる方がいて 安全と言われてきたものが全て嘘の固まりだったと分かります。原発は誰も幸せになりません。 原発を排除してほしい。排除にも時間は何年もかかるかもしれないけど今辞めて新しいものを作るほうが負担は少ない。自然エネルギーに切り替え 幸せで心地よい地球に変えていきたいと強く思います。一人の力が大きな物になると広島から発信していきたい。

(広島市安佐南区、Oさん)

 ● 最終目標は地球から原子力発電所をゼロにすることだと思います。今こそ、古い考えや利権との絡みつきを切り離し、自然と共存した新しいエネルギー推進国家として世界に先駆ける日本でありたいと願います。その一歩を知事に託します。

(岩手県盛岡市、Iさん)

 ● どうか、被爆地広島だからこそ、発信できる手段や説得力、過去の経験があります。大人たちによって無意識に進められてきた原子力、子供達には何の責任もありません。未来を繋げるためにも、子供達のためにも、大人たちが間違いを正し、新たな選択をして欲しいと思います。

(岡山県岡山市、Oさん)

 ● 民意を政治に反映することが使命ですよね!

(岩手県盛岡市、Nさん)

 ● 被爆を伴う原発からの電力はいらない。原発の被爆も原子爆弾の被爆も同じ、広島から国に対して脱原発をアピールして下さい。再生可能なエネルギーへと転換するよう国へ働きかけて欲しい

(呉市、Kさん)

 ● 湯崎知事は、原子力産業に関わってこられた経歴をお持ちだと伺いました。これから、世論はますます原子力産業にNOと言う方向に向かっていくでしょう。世界最初の被爆地広島、チェルノブイリの子供たちがはるばる治療を受けにやって来る広島の地を、再び放射能で汚染させてはならないと思います。まずは上関原発の建設を完全に中止、計画の撤回を実現させるよう、県民に力をお貸しください。

(広島市中区、Mさん)

 ● 湯崎知事、子ども達の未来をみんなで創って活きましょう。どうぞよろしくお願い致します。

(廿日市市、Oさん)

 ● 日本には素晴らしい自然がたくさんあります。それこそが財産であり、大切な資源。 きっと日本は自然エネルギーが一番ふさわしい国だと思います。そういう国にしてゆけるよう、皆で力を合わせてゆきましょう。被爆地広島から、提言を宜しくお願いします。

(山県郡北広島町、Sさん)

 ● どこに住んでいるお母さんも、子どもも、そしてこれから子どもを産む人たちも、みんなが安心して生きていける日本を作りたい。

(岐阜市、Oさん)

 ● 広島県周辺の原子力発電所の停止を求める市長からのアクションを期待しています。よろしくお願いいたします。

(沖縄県那覇市、Aさん)

 ● NO MORE NUKES!

(岡山県瀬戸内市、Oさん)

 ● どうか、日本中が安全で子どもを、あらゆる命を傷つけることなく暮らしていける社会に変換していくためのリーダーシップを、被爆地広島から広めていただけますようお願い申しあげます。過去に二度にわたって原子爆弾に苦しめられながら同じ過ちを繰り返した日本、そしてその悲惨さを知らない世界へ向けて。

(東京都日野市、Nさん)

 ● 世界で初めて原爆投下の広島から原発を廃絶するのは広島人の務め。自然エネルギーを広島から広めてください

(広島市佐伯区、Kさん)

 ● 私の故郷は福島県です。もう、故郷はないに等しいです。故郷を亡くすだけでなく 日本をなくしたくはありません。核被爆した県からぜひとも核のない 平和エネルギーの見本を示してください。勇気を見せてください。お願いします。

(東京都小平市、Kさん)

 ● 広島・長崎の原爆で私達日本人は非核3原則を掲げ平和を誓いました。なのになぜ今原発という核を持っているのでしょう。同じ悲劇をなぜ繰り返そうとするのですか?体験から学ばない私達日本人は愚かな人種なのですか?原発は日本を滅ぼしてしまう代物なのですよ。命や平和より大切なものはありません。エゴや利欲は捨てて下さい。原発は100害あって1利なしです。もう絶対いりません。原発設立に断固反対します!!

(北海道札幌市、Kさん)

 ● 今現在の自分を含む大人だけでなく、将来の子供達が安心して暮らせる社会のために水力発電等のご検討をぜひよろしくお願いいたします。

(東京都福生市、Iさん)

 ● 自然エネルギー協議会に参加し、県を挙げて自然エネルギーの普及拡大に努めていただきたいです。よろしくお願いします。

(広島市西区、Yさん)

 ● 過去の歴史からも、原子力は要らないと、申し述べる事が出来る私たちは、誇り高き広島県民であると、自覚したい。まだ間に合うのなら。

(広島県府中市、Hさん)

 ● 子どもたちの未来が明るく、安心して暮らせる世の中にすることが私たち大人の責任だと思います

(広島市安佐南区、Hさん)

 ● 言うまでもなく、福島の事故が既に起きてしまった今、被爆地である広島が、エネルギーの選択を原発とするのは理解できません。広島は、今も被爆からくる病と向き合わなければならない方が多いと聞きます。エネルギーについての日本全体での再考を、どうか広島が船頭になり、舵取りしてください。よろしくお願い致します。

(京都府京都市、Tさん)

 

What's New

湯崎知事宛てに提出した質問を掲載しました。「署名活動 報告」→「提出した質問」に進んでごらんください。

2011.06.16

 

電子署名とともに県内外から寄せられた県知事宛ての熱烈なメッセージを「湯崎知事へのメッセージ」のページに掲載しました。

2011.06.13

 

6月10日に提出した、広島県知事宛ての要望書全文を「署名活動 報告」のページに掲載しました。

2011.06.12

 

広島県知事に宛てた「子どもを安心して産み育てられるエネルギー政策推進に関わる要望書」と、県内外の方の賛同署名を県庁にて提出しました。署名に協力してくださったみなさま、応援してくださったみなさま、ありがとうございました!

2011.06.10